ギャラリー 桁材|吉野杉.jp

HOME > ギャラリー:出荷実績 > 桁材

ギャラリー

桁材

当店の主力商品の一つが、杉の源平・赤身の4面無地上小の梁・桁材です。
一般的な、芯が真ん中にある桁材だけでなく、施工後の割れが生じにくい平角の桁材も取り扱っています。
特筆すべきは、当店で扱う芯持ちの桁材は、すべて1ヶ月間遠赤外線低温乾燥させており、背割りを入れることなく割れを発生させずに含水率を20%程度まで下げています。一般的な乾燥機で生じる「表面割れ」「背割り」「色焼け」「内部割れ」「表面硬化」「木材の酸化」などの欠点が一切ない商品です。
また、製材した丸太が中〜大径材ですので、曲がりが生じにくく割れにくのも特徴です。芯持ち材は多くの場合源平ではなく、高級な赤身材になります。


吉野杉の芯去り4面上小無地の桁材です。
サイズ 3M〜5M×360×120
枝打ちなどの手入れのなされた吉野杉でしか採れない高級品です。一般的な芯の入った梁・桁材と違い、施工後に割れが生じないため、割れにシビアな施主に好まれています。 

2017/3/18 奈良県M様
吉野杉 芯去り 桁材 源平
@1.8m 180o×105o 4面無節 3丁
A2.7m 180o×105o 4面無節 2丁
B3.6m 180o×105o 4面無節 3丁

吉野杉 赤身背割無し桁材 4面上小
4M 240×120 
【備考】
このサイズの桁材であれば、直径28cm程度の丸太から源平の桁を製材しますが、当店では直径38cmの丸太から製材したためより価値のある赤身の桁材になります。

吉野杉の背割りなしの無地上小桁材です。
4M×360×120 縦3方上小無地
バイオ乾燥機乾燥させることで背割りなし、割れなし、色焼けなし、内部割れ一切なし、含水率20%程度まで乾燥させています。
立米単価28万円〜になります。

吉野杉桁材
従来の高温乾燥機や減圧乾燥機で乾燥させた桁材と比べ、当店のバイオ乾燥材は色焼けや内部割れ、木材の酸化や細胞の破壊などが一切ないため、長期保存が求められる寺社仏閣など、本物志向の大工などに好まれて使用されます。

背割りなし、割れなし、色焼けなしの役物の桁材ができるのは数ある製材所、木材問屋でもほとんど無く当店の強みになっています。当店では様々なサイズの桁材を在庫することで即納できる体制を整えています。

前のページに戻る
ページの先頭へ