ギャラリー 板材、枠材、鴨居材|吉野杉.jp

HOME > ギャラリー:出荷実績 > 板材、枠材、鴨居材

ギャラリー

板材、枠材、鴨居材

吉野杉の源平枠材です。
モルダー+カンナ超仕上げまで行っています。
超仕上げを行うと、手触りが格段に良くなり、
撥水効果もあります。

吉野杉 中板目 天井板
【備考】
 赤身 無節の4M 幅300mmの天井板です。
中板目の良材のみで製材しています。
このような良質な天井板ができる製材所は、昨今非常に少なくなりました。

●吉野杉の幅1尺の赤身壁板材です。
  2M×300mm×20mm 100枚
 価格はおおよそ5,500円/丁です。

吉野杉の白の壁板材です。
2M×110×12 目透かし加工 2000枚
価格900/枚
丸太一本から2メーターで8枚しか取れない希少品です。
バイオ乾燥材であるため、色焼けや木材の酸化が無く含水率を12%以下であることが特徴です。

外壁材で使用するラフ仕上げの杉赤身材です。
サイズ4M×150×15

吉野杉の源平羽目板材です。
白身勝ち〜赤身勝ちまで対応可能です。

吉野杉の赤身鴨居材です。
溝加工も対応可能です。

吉野杉の赤身節無しの中杢板です。
年輪の詰んだ芯に近いところでしか取れない中杢の無節板は
板材の中でも最も貴重といえる材料です。
戸板や棚板、天井板等に使用されます。

吉野杉の赤身節無し材です。
幅330mmの中杢、中板目の床板で使用されます。
年輪の詰んだ丸太で、芯に近いところで無節にする必要があるため、非常に製材が困難な注文材になります。

杉の赤身の節あり材です。
野地板や内装の床材等に使用されます。
当店では原版サイズが4M×130mm×18mmが主流の寸法になります。価格が最も安価であるため、大型物件等で使用されることが多く一度に1000枚以上の注文されることもある商品です。

吉野杉の赤身の内装・造作材です。
当店では様々なサイズの内装材・化粧構造材の別注対応を得意としております。赤身のみ、源平のみ、赤身勝ち、白身勝ちなど様々なご要望に対応可能です。

吉野杉のフローリング羽目板材です。
赤身のみの上小無地の本実加工を施しています。
サイズ4M×110(働き幅)×15 ,000/枚

源平の羽目板材です。
働き幅が8寸ある特殊寸法の本実加工羽目板材です。
サイズ:3000×240(働き幅)×12


日付  :2017年3月3日
顧客  :薬師寺
商品  :吉野杉 赤身
サイズ :4M×240×15
等級  :上小無節
丁数  :390枚

製材日数:10日

前のページに戻る
ページの先頭へ